有限会社 富士タウン システム&コンサルティング

2010年06月15日

お客様の声ではなく商品レビュー

購入動機に口コミという大変重要な要素があります。共同生活する上でも重要な話題(コミュニケーション)のうちの一つであることは間違えないでしょう。こうした情報を元に、外敵から身を守り、快適な社会生活を営んできました。
購買行動もしかり。井戸端会議で物の価値を「噂」し→実際に手にとって「あの人が勧めていたから」と買ってしまう→良ければ他の人にまた伝える。


この繰り返しで広まっていきます。この流れで雑誌やテレビでも通販物のほとんどのCMに"お客様の声"や"利用者の声"などが紹介されています。

しかしこの場合、不特定多数が対象になるため「あの人=知り合い(身近な人)」という指定が使えません。よって「あの人=著名人」に置き換わったり、「あの人=知らない多数の人々」に置き換えて口コミ効果をねらっていきます。
"ねらう"とは意図的であるため、このことが透けて見えてしまいますが、商品自体に商品力があれば、ねらったことが分かってもお客様の声が"最後の一押し"となり購入・反応へと繋がっていくのでしょう。


ネットは商品レビュー。インターネットの普及で「お客様の声」は様々な形で変化していきました。昔ながらの「声」をのせるのも効果がありますが、やはりリアルタイムで声を乗せられる"商品レビュー"はかつて無い真実性があります。

楽天やYahoo等では商品履歴から本当に購入した人のみ、商品レビューが出来るようになっており、このことでより公正に近い評判を集めることが出来ております。

ここで重要なのは、批判的な声を削除しないと言うことです。それを改善して商品に反映していく努力が必要で、その積み重ねが売り上げに反映していきます。また、その姿勢がスタッフを育てていくと思います。
ユーザーは失敗したくないために、色々な場面で今後益々商品レビューを活用・参考にしていくでしょう。メーカーは積極的に声を集め、よりよい商品作りに役立てていって欲しい物です。
「他社批判より自社批判の方が売れる時代」…です。


posted by 富士タウン at 16:06| Comment(0) | TrackBack(0) | NEWS/話題/情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

祝1勝!

Wカップ初戦は見事初陣を飾りましたね〜。サッカーどころの静岡県人としてはうれしい限りです。静岡県出身(藤枝)の長谷部がキャプテンだったと言うことや、我が富士市出身の川口GKも第3のGKでありながら、4大会連続出場を果たしたということも花を添えてくれました。他に静岡県出身選手も多くうれしい限りです。
次回はFIFAランク4位の強豪オランダ戦。引き分け以上で決勝トーナメント進出が決まるのでランク気にせず昨日のような、昨日より激しく戦ってくれることを願います。
posted by 富士タウン at 11:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 編集日誌/雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。