有限会社 富士タウン システム&コンサルティング

2010年07月29日

高額報酬の公開リスク

ITmediaに日本オラクルのパブが載っていた
 ↓
オラクル、コンテンツ管理製品の新版 業務プロセスとの連携を訴求

たくさんの機能が積み込まれ、処理能力もパフォーマンスも向上、1プロセッサ当たり1968万7500円。

先日オラクルの社長が10年間で1,600億円もの報酬を受けていた、という記事を読んだばかりなのでコスパに疑問を感じてしまった。リスク管理にとても便利で、おおきな役割を果たすと思いますが。。。

そう言えば上場企業の1億以上の報酬を受けている役員の公表について、カルロスゴーン氏が「世界の自動車メーカートップは、このぐらい当然のようにもらっている」と言っていましたが、トヨタの社長はじめ役員の名前が上位に出てこなかったのと同じように、目立って突出した存在は、時にマイナス要因になりそうな気がしてなりません。日本人的発想ではありますが。


posted by 富士タウン at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | NEWS/話題/情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月28日

結構好きだったYST

個人的にはYahooの方が人間的で好きでした。それでも精度を追い求め、この先増え続けるコンテンツをカバーするだけの技術に競争、投資していくのに見切りを付けたのでしょう。

自ら03年まで使用した経験のあるGoogleを選んだのは、越えようと思ったことを越えられなかった、まさしく完敗を認めたと言うことでしょう。日本語での運用経験が浅かったBingを選択しなかった点でも、今後Googleの独壇場は揺るぎないものとなりました。

Googleを使い始めた頃、「検索スピードと精度」のすごさがあったと思います。スピードは未だに健在ですが、精度としてはブログを初め多様化するコンテンツのために、最近ではYahooを使用した方が良い場合も多々ありました。そう言う利点だけ残して欲しいですが、如何せんエンジン載せ変えじゃ無理ですね…。
posted by 富士タウン at 14:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 編集日誌/雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月27日

内容が発表され…

YahooのGoogleからの技術提供内容は、ウェブ・画像・動画・モバイルの4分野で、検索エンジンや広告配信システムのサービスだそうです。

リスティングも提供受けるのですね〜。ツールバーなどは入らないのでしょうか?検索エンジン側としたらメインエンジン部分だけで、傘下に入ったわけもないので、その他の変更は無しと言うことでしょうかね。日本では未だにYahooの使用頻度が高く、これが世界との違いですが、ツールバーなどがgoogleになると形勢逆転の可能性もありますから…

今回のこの提携で、一番影響受けるのは検索エンジンの業者関連ですね。エンドユーザの検索使用頻度が変わらなければ、リスティングへの出稿もさほど変わらないでしょう。でも検索結果が変われば影響が出るところ、といえばSEO業者やWeb制作・管理会社とそこへ業務委託している会社。

これを機に、また新手のSEO業者が出てきそうです。「検索エンジンがGoogleに統一されます。その対策を是非行いましょう!」等。。

検索結果が全て同じになる、なんて可能性が少ない中で、またそれぞれの対策を考えないといけないですね。簡単に「対策を行いましょう!」とは言えません…。日々勉強、日々検証あるのみ!
ラベル:yahoo google YST Bing MSN
posted by 富士タウン at 17:41| Comment(0) | TrackBack(0) | NEWS/話題/情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本でもYがGに…

YahooのエンジンがBでなくGですか、、あっという間の展開になりそうですね。。

うちのような検索エンジン対策を請け負う会社とすれば、Google対策一本に絞ればいいと言うことになりますが、一方で一歩間違えると致命傷にもなると。それにしてもいつからでしょ?切り替えるのは。

孫さん了承したのかな〜。政党と同じで、選択肢が多くないと良くないのに。。。なんでかな〜。
posted by 富士タウン at 13:59| Comment(0) | TrackBack(0) | NEWS/話題/情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月26日

ちょっと一休み

ZDNet Japanらしからぬ記事。ITも「心」が「肝」ということでしょうか。
モチベーションを高く保つための10の方法


ZDNet Japanつながりって訳でもないですが、孫社長がつぶやきすぎるほどつぶやいている。RTも多いし。
孫正義 masason
明るく気さくなところが良いですね。

たわいもない小ネタでした<(_ _)>


posted by 富士タウン at 15:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 編集日誌/雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月25日

リスティング広告とSEOと売り上げ

アクセス数を稼いでもコピーなどが精度の高い誘導でない限り、売り上げに直結はしません。それでもアクセス数を上げない限り「売り上げる確立」は上がりません。

リスティング広告はSEOで順位が上がったとしても、営業用に宣伝しておくべき広告費かもしれません。オンラインショップの場合は特に「商品を購入するために検索しているお客様」がいるので必須です。

SEOでアクセス数を増やし、リスティングで購入者を誘導させる。小売り以外の業種で、自社名を検索するとライバル企業がリスティングで表示されていることがあります。これは、まさしくSEOでは出来ない裏技です。自社サイトでライバル企業名は出せないでしょうからね。

ライバル企業名以外に他にも、商品を連想させる検索単語や購買させるためのひも付けがリスティングだと簡単に出来ます。お金さえ払えばトップページに表示されるのですから…。まんまと、検索エンジン地獄にはまっていきそうですが。
posted by 富士タウン at 16:21| Comment(0) | TrackBack(0) | NEWS/話題/情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月23日

日々動く・・・

Bingはじめ、また不安定な動きですね・・・。何かありそうですね〜このところ全て短い期間での切り替えがありますし。。
posted by 富士タウン at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | NEWS/話題/情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月22日

MSとYahoo

というより前々から噂のある検索エンジンのことですが、YahooとBingの関係について、YahooがBingプラットフォームを使用するかも、という噂についてです。C-NET Japanによれば、その序章として米Yahooでは、リスティング(スポンサードサーチ)広告でのテストを始めた、と言う記事をのせました。

C-NET Japanの記事↓
米ヤフー、マイクロソフトの検索リスティングをテスト掲載

今回は米Yahooのリスティング部分だけですが、検索エンジン対策を施す側としたら、エンジン自体のアルゴリズムが変わることはかなりの影響を受けます。実際に、機械的なGoogleに対して生の人間的なYahooではかなりの差が出てくるためです。

マイクロソフトのBingは、どちらかというとGoogleに近い感じですが、当たり前のように別物ですので細かな基準はかなり違います。検索結果における順位表示は、どの検索エンジンも1ページに10位づつしか表示しないため、10位と11位というようなわずかな差でも、大きな影響を持ちますから…。Yahoo Japanの動向が気になります。
posted by 富士タウン at 16:31| Comment(0) | TrackBack(0) | NEWS/話題/情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月21日

クラウド化の波

一気にクラウド化の波が押し寄せてきましたね〜。MSだけでなく国内ハードメーカも含め、業界がクラウドへまっしぐら。。未だにピンときていない当方・・・。権限の一極集中は、いざというときに身動きがとれなくなってしまうのではないのでしょうか?管理者にしてみれば一元管理より一極集中管理の方がしやすいのでしょうか。リスクを含めてメリットを探っていきたいと思います。

まったく違いますが、インストールしないでも使える「ターボリナックス」をふと思い出してしまいました・・・。



posted by 富士タウン at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | NEWS/話題/情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月20日

OSの2010年問題

読売新聞のサイトにWindows2000搭載のPCが15万台あり、その中には予算不足の自治体などが含まれるとの
記事が載っていました。

読売新聞サイト↓
ウィンドウズ2000期限切れ、15万台に脅威

2000は今月13日にサポートが終了したばかり。弊社にも1台、オフラインで残ってます。セキュリティーが破られると、個人情報の流失やウィルス感染など致命的な事態に陥ります。ブラスターが大流行した時に、取引先のPCを何台も引き取って、セキュアな環境で復旧させた記憶があります。勿論、取引先は1〜2日仕事にならなかったようですが…。

そんな苦い教訓がある中、自治体は「予算がないから対応できない」とは情けない…。被害を想定できたら、年度末の無駄と思われる道路工事に使うお金を回した方が、余程住民のためになる。試算してみたら簡単に分かるはずなのですが…。
posted by 富士タウン at 10:07| Comment(0) | TrackBack(0) | NEWS/話題/情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。