有限会社 富士タウン システム&コンサルティング

2010年11月30日

月末

Gのエンジンに切り替わって初の月越えが来ました。明日以降のYのindexが見物です。Gと同じ結果になってしまうのか?やはり、ヤフーショッピングサイトや既カテゴリ登録済みサイトは上位確定か?等…気になるところが多いですね。

ちょうど年末商戦と重なり、小売店にしてみると死活問題ですから目が離せません。それでなくても繁忙期なのに、ネットを見過ごすことが出来なくなってきたショップにしてみると、今年の年末は過去最大に神経使いますね。

静岡県 富士市 ホームページ制作



posted by 富士タウン at 17:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 編集日誌/雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月27日

不謹慎な景気回復のシナリオ

北朝鮮の砲撃を発端に米韓軍事演習が開催される予定の中、早くもアメリカマーケットが反応しましたね。

読売新聞↓
NY円2か月ぶり安値、朝鮮情勢でドル買い進む

イラクの問題が解決されていない中、局地的であっても軍事衝突があった場合アメリカにとっては、景気対策を考慮すると「渡りに船」状態なのかもしれません。不謹慎だとは思いますが。

民主政権にすれば国内も目がそちらに向いている間は、これまであった問題山積状態から一時的にも逃れられ、その間に米国景気と共に国内も回復に向かえば万々歳ってとこでしょうか。

それでも戦争が始まれば、少なからず犠牲者が出るでしょう。こんな悠長なぼた餅を描くのは不謹慎だとは思いますが、経済が崩壊して飢餓・飢饉状態に陥るよりは、自国を守る観点からすれば、このシナリオを望んでいるのは、私だけではないでしょう。
posted by 富士タウン at 11:18| Comment(0) | TrackBack(0) | NEWS/話題/情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月26日

Yの行く道

エンジン自体をGに乗せ変えたYですが、Web企業として進もうとしている姿は、基本である「集客させる」というコンセプトがぶれない限り、まだまだ相当のポテンシャルがありますね。

マイコミジャーナル↓
ヤフー、Webアプリを提供する「Yahoo!アプリ」とプラットフォーム公開

ゆくゆくは、だれでも「Yahoo!アプリ」にウェブアプリケーションを掲載できるようになるそうです。どこぞと一緒な感じがしますが、こういう展開で何でもありの新宿界隈のような感覚は、端から見るとエンジンを簡単に乗せ変えてしまう「ライト」な感覚で危なっかしくは見えます。でも、「集客させる」というコンセプトだけ、逃さなければ、カメレオンのごとく、ニーズだけ追っかけて勝ち抜いていくんでしょうね。

一発屋を永遠に世に送り出す、感覚かな…続けば偶然でなくなるし。。運を天に任せるみたいですね〜。某一流ゲーム会社名前みたいですが。
posted by 富士タウン at 18:12| Comment(0) | TrackBack(0) | NEWS/話題/情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月24日

1万円台を維持したものの…

日経平均が5営業日ぶりに下げたようですね。昨日の北朝鮮の報は、いくら海を挟んでいようが、対岸の火事などと呑気なことは言ってられない状況ですよね。

欧米の株式も軒並み下げに転じたようです。それでなくてもアイルランドの件も含め、世界経済は低迷しているのに「なんというタイミング」で"仕掛け"てきやがった!んでしょうかね。それほどせっぱ詰まっているという裏返しでもあるのかもしれません。

ひょっとしたらクーデター?だったのかも知れませんね。
posted by 富士タウン at 16:24| Comment(0) | TrackBack(0) | NEWS/話題/情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月22日

EC諸国の危機感

ギリシャに続き、アイルランドも財政支援を要請したとのことです。

読売新聞↓
アイルランド、財政支援要請…10兆円規模か

国が破綻すると「財政援助するから、領土よこせ!」って某国は言わないんでしょうかね?一昔前なら、日本が円借款で援助します、と手を挙げていたような気もしますが…。

アイルランドといえばサッカーが盛んですが、多くのアイルランド人が活躍しているお隣イギリスも財政危機のようですし、そのイギリスも先日某国に積極投資を懇願していたニュースが報道されたばかりですから、隣国同士大変な台所のようですね。連鎖が怖いです。

もはや今となってはEC全体の経済が最悪で、本当に世界経済は中国筆頭にアジア頼みになっているのが明白ですね。でも、それでも日本がある!って声高々に宣言したい物です。
posted by 富士タウン at 11:11| Comment(0) | TrackBack(0) | NEWS/話題/情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月19日

B級グルメのような発想で…

B級グルメの祭典「B―1グランプリ」で今年日本一に輝いたのは、「甲府鳥もつ煮」。その経済効果は28億円だとか。
読売新聞↓
甲府鳥もつ煮、B―1経済効果28億円

ふと思ったのがIT産業でも過去に地方活性化の一つとして、沖縄のシリコンバレー化を国主導でうたったことを思い出しました。
琉球新報↓
沖縄シリコンバレー構想を説明 郵政省

1996年だったんですね。光になれば本社が沖縄でも構わない、情報の伝達は瞬時だからバックアップ先のデーターセンターとして沖縄に拠点を作ろう!などと聞いた覚えがあります。その後どうなったんでしょうか?

2003年に六本木ヒルズが完成したときには、IT関連企業が我先にと入居しました。結局都心回帰なんでしょうかね。やはり地域活性には、歴史や文化などの観光資源が一番のようです。そういえば隣町の富士宮市では、未だヤキソバを求めて遠方から日々多くの方々が訪れていますからね〜。
posted by 富士タウン at 11:20| Comment(0) | TrackBack(0) | NEWS/話題/情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月18日

Yのエンジンの切り替え

どうやら、Googleへの切り替えがほぼ浸透したようですね〜。

検証しているサイトで変化が出ました。変わらないところ、上位から転落したところ、下位から上がってきたところの3パターン。下位から上がってきたところは、ここ数ヶ月様々対策をしてきたのでうれしかったです。規則に対して誠実(?)なGoogleエンジンのお陰でしょうかね。

下位に下がったところは、スパム扱いと見なされているかも知れません。indexと他のページの順位を検証して、再度施策をした方が良いようです。また、順位が変わらなかったところも微妙に変化しているので、この機会に点検してみた方が良さそうです。

富士市、富士宮市、沼津市でホームページ制作、検索エンジン対策
posted by 富士タウン at 09:40| Comment(0) | TrackBack(0) | NEWS/話題/情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月17日

「壁にぶつかった」時には、

喜寿迎えたオノヨーコさんが朝のテレビ番組でツイッターでの質問に「壁にぶつかったら、離れた位置で見ると良い」というアドバイスを送ったとか。御年でツイッターをやっている事自体驚いたし、リツイートしていることにも驚きました。

後で分かりましたが、ジョンレノンの命日である12/8のイベントの告知も兼ねて、アップルの販促活動の一環だったとか。ちなみに12/8はリメンバーパールハーバーで、南伸介の命日でもあり、私の誕生日でもあります。。多くの死の元に授かった命。大層な感じですね〜。
posted by 富士タウン at 16:10| Comment(0) | TrackBack(0) | NEWS/話題/情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月15日

スパコンまでもが中国に…

「2位じゃいけないんですか?」というフレーズも流行りましたが、2位どころか4位だそうです。しかも中国が1位。

CNET記事
米国「Jaguar」が2位転落、中国の「Tianhe-1A」が首位に--スパコントップ500発表

APECでも振り回された感の中国ですが、経済だけでなく技術までもトップに躍り出そうですね。それはそれでいいんですが、世界を引っ張るぐらいの大国としての責任を果たして欲しい物です。今回の首脳会談でも、議長国である日本の首相の申し入れを保留にしたまま、自国の世論を気にする振る舞いは、まだまだ世界とは同調できない国と思われても仕方ないでしょうね。

記事の最後にあるイリノイ大学の教授の「トヨタは最初こそはくずを集めたような製品を作っていたが…」って、こういう例えはいらないと思うのですが。。この方も教授なのに下品なコメントですね〜。どの国にもいるんですね、こういう方が。
posted by 富士タウン at 10:18| Comment(0) | TrackBack(0) | NEWS/話題/情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月11日

検索エンジン対策関連本

いよいよGoogle寡占状態に突入か?などと呑気なことは言っている場合じゃなくなってくるようです。当たり前ですが、寡占=同じ結果になるわけじゃないので、それぞれ上位ヒットを狙う対策をしないと行けないわけです。それでも、対策が大幅に違った(?)YSTに比べれば、やはり対策としてはGとかなり似たような形に近づくでしょう。

SEO関連の書籍もかなり変わると思います。

↓AmazonのSEO検索エンジン関連書籍ランキング
SEO関連本ランキング

上記がいっきに「Google対策」とかにタイトルが変わるんでしょうかね?それはないにしても、YSTが無くなるのだから厚さが半分になるかも??いずれにしても完全に切り替わる時を注視していきましょう。
posted by 富士タウン at 16:53| Comment(0) | TrackBack(0) | NEWS/話題/情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。