有限会社 富士タウン システム&コンサルティング

2010年06月29日

魅力を増すサイト作り

ホームページ制作の第一段階は、案内用サイト(プレゼン用)としての役割です。更に第二段階としては、サイトとして魅力を増すため=レスポンスを上げるために次の事を確認していきましょう。

ホップ・ステップ・ジャンプの3大施策


(1)ひとけを出す
→内側の「ひとけ」:人物(Staffなど)の写真、作業中の写真(調理中、店内作業、施工中、治療中、診察中、応対中など)
→人気としての「ひとけ」:販売数や問い合わせ数の表示、お客様の声、利用者の反響、商品レビューの掲載など


(2)シナリオを作る
→こだわっている物をピックアップし、それについてのシナリオを作る。どういう経緯でこれを扱うようになったのか?や、これがどれほどの物なのか?等、掘り下げられる限界まで、掘り下げて文章を作る。


(3)キャンペーンと連動させる
→シナリオに興味を持って反応した場合、これにもう一押し背中を押す施策があれば、レスポンスに至る可能性がグンと上がります。

例えばキャンペーンと連動させるという施策などが有効です。プレゼントや送料無料、ポイント還元、優先特権等々多ければ多いほど良いでしょう。


注意点


タブー
→当たり前ですが嘘はタブーです。嘘をつく(つかせる)こと自体、スタッフのモチベーションにも影響し、社風にも影響します。何よりいつかはバレます。


クレーム対応
→ネットのクレーム処理は、特にオンラインショップの場合「速やかに電話対応する」が原則です。文字だけのやりとりに、真摯な対応を感じることが出来ない場合が多く、初動は特に電話で対応した方が早く解決できます。問い合わせなどへの対応は、メールでも構いませんがリアル店舗での対応以上に気を付けた対応(フォローメール等)が必要でしょう。



posted by 富士タウン at 17:04| Comment(0) | TrackBack(0) | NEWS/話題/情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。