有限会社 富士タウン システム&コンサルティング

2013年04月20日

トップレベルのドメイン

自分で書いた記事の「トップレベルのドメイン」が自由化になったのかどうか、気になって検索してみましたが、それらしい情報がみあたらず・・・

ICANNの発表記事も申請&初期審査のみだけのような・・・

ICANN
http://www.icann.org/en/news/announcements/announcement-22mar13-en.htm

そんな中で申請されたドメイン候補が載っていた記事を発見しました。

申請一覧が載っていた記事
http://www.geekpage.jp/blog/?id=2012/6/13/5

googleが100以上!金にものをいわせて申請しまくっている感ですね。手当たり次第・・・

仮に登録する企業があったら、TOYOTAのような世界ブランド以外は、「CAR」など、その職種のカテゴリーの大分類を取得した方が効果が見込めると思います。ニコンなら「camera」、キリンなら「beer」など。

逆に香川県が「udon」を取得したら、大分県が商標登録した「おんせん県」問題のように、「onsen」ドメインの争奪戦にもなりそうですね。キリスト教が「god」を取得、、、やはり審査に時間がかかるわけです。



posted by 富士タウン at 15:58| Comment(0) | TrackBack(0) | NEWS/話題/情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。